HOME >  ミネラル摂取の基礎知識 >  慢性疲労に効く!

慢性疲労に効く!

このページでは、慢性疲労に対してのミネラルの効果・予防法や、ミネラルの摂取の仕方など紹介します。

慢性疲労とはどんな状態?

毎日を忙しく過ごしていると、睡眠をとっても疲れが抜けなくなったり、体がだるい、気力が出ない、微熱があるなど、慢性疲労の症状が出てくることがあります。

慢性疲労の原因のひとつとして、栄養素の不足があげられます。特にタンパク質やビタミン、ミネラル類が不足していることが多いといわれていて、反対に糖質や炭水化物は取りすぎている人が増えてきています
慢性疲労を感じながらそのまま放っておくと、日常生活に支障をきたすことがあるかもしれません。症状に気づいたら自発的に行動を起こしていくことが、健康トラブルを回避していく秘訣だといえるでしょう。

では、慢性疲労にはどのような対策が有効なのでしょうか。

慢性疲労回復とミネラルの関係

糖質、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラルは、人間に必要な5代栄養素といわれています。このうち、ビタミンやミネラルは体内で生成することができないため、食事に含まれるミネラルを定期的に補っていく必要があります

しかしながら、健康維持のためにミネラルが重要だということはわかっても、普段の食生活でミネラルをとることが難しくなってきているのが現状です。欧米式の食生活が浸透し、ミネラルを含む野菜や芋などを食べる習慣が昔に比べて減ってきているためです。

ミネラル不足による慢性疲労を回復するためには、定期的にミネラルを摂取することは非常に重要なポイントになります。食事からとることが難しい場合は、サプリメントを活用するなどして、毎日一定量が摂取できるように調整してみたほうがいいかもしれません。