HOME >  ミネラル摂取の基礎知識 >  ミネラルの種類は?

ミネラルの種類は?

ここでは、ミネラルの種類と、多く含んでいる食品を紹介してきます。

ミネラル知ったかぶり話

ミネラルは、無機質とも呼ばれています。体では作られない物質で、実際に摂取しなければいけない量はとても少ないのですが、体の基本的な構造や健康づくりには欠かすことのできない栄養素なのです。

さらに詳しく説明すると、学生の頃元素というものについて学びました。

100種類ほどある元素の中で最もポピュラーな酸素、窒素、炭素、水素の4つを除いたものをミネラルというそうです。そしてさらに、そのうち人間にとって欠かすことのできない栄養素であるミネラルは、16種類なのです。

つまり、ナトリウム、マグネシウム、リン、イオウ、塩素、カリウム、カルシウム、クロム、マンガン、鉄、コバルト、銅、亜鉛、セレン、モリブデン、ヨウ素をいいます。

この中で、特にイオウ、塩素、コバルト以外の13種類については厚生労働省が摂取基準を決めています。多すぎても少なすぎても不都合が起こるミネラルは、それぞれに摂取するべき量が決まっています。

また、年齢によっても適正量が異なりますので、正しい知識をもっていなければいけません。

最近の食文化の中でみると、特に生活習慣病の原因ともなっているナトリウムの過剰摂取は問題視されていて、逆にカルシウムや鉄は意識して摂取しなければ不足しがちだといわれています。

ミネラルと食物の関係

それでは、摂りたいミネラルはどんな食べ物に多く含まれているのかをここで紹介していきます。

  • ナトリウム…食塩、醤油
  • マグネシウム…豆類、海藻、魚介類、種実類
  • リン…魚介類、豆類、肉類、牛乳や乳製品
  • カリウム…野菜、果物、芋、豆類、干物
  • カルシウム…牛乳や乳製品、小魚、海藻、大豆製品、緑黄色野菜
  • クロム…穀類、海藻、魚介類、肉類、チーズ、卵
  • マンガン…穀類、種実類、豆類、小魚、
  • 鉄…レバー、海藻、貝、緑黄色野菜
  • 銅…レバー、魚介類、種実類、豆類、ココア
  • 亜鉛…魚介類、肉類、穀類、種実類
  • セレン…魚介類、肉類、卵
  • モリブデン…豆類、穀類、レバー
  • ヨウ素…海藻、魚介類

いずれにしても、バランスよくいろいろな食べ物を摂取することが健康には最もよいといえますね。