HOME >  ミネラル摂取の基礎知識 >  食事で摂取するには

食事で摂取するには

このぺージでは、ミネラルが多く含まれている食材や、食事から摂取する方法について紹介しています。

ミネラルが多く含まれている食品

いくらサプリメントが便利といえど、食事に手を抜いてしまうのでは効果は半減してしまいます。ミネラルが多く含まれている食材をまとめてみたので、参考にご覧ください。

  • カルシウム……牛乳、ヨーグルト、チーズ、海藻類、ブロッコリー、豆腐、煮干しなど
  • マグネシウム……乾燥ひじき、しらす干し、海草類、とろろ昆布、ココア、豆腐、納豆など
  • カリウム……パセリ、茹で小豆、バナナ、よもぎ、にんにく、ほうれん草、芽キャベツなど
  • 鉄分……牛肉、レバー、ひじき、貝類、卵黄、あゆ、納豆、がんもどきなど
  • マンガン……しょうが、しそ、バジル、貝類、モロヘイヤ、みょうが、めざしなど

上記の食品を毎日の食事に取り入れて、上手にミネラルを摂取していきたいですね。

ミネラルを上手に摂るための工夫

食事が大切とは分かっていても、毎日気を遣うのはなかなか大変だったりしますよ。楽にできる方法はないかしら?と調べてみたところ、ちょっとした工夫で効率良くミネラルが摂取できる方法を発見しました。簡単にご紹介しますね。

1.茹でるより、汁ごと食べる煮込み料理がベスト

ミネラルは水で煮る際に、有効成分が溶け出てしまうという性質があるのだそう。普段捨ててしまう煮汁には栄養分がたっぷり含まれているのだとか。調理方法は煮込み料理やスープなど、汁ごといただくものが良いそうです。

2.料理のだしに煮干しや昆布を使う

ミネラルが豊富な食品の一つに煮干しや昆布が挙げられます。とは言っても毎日摂るのは困難。だしに使えば料理のバリエーションも増え、飽きずに続けられます。

3.いつもの食事に牛乳や納豆をプラス

調理のいらない食品を1品追加するというのも一つの手。牛乳、納豆、豆腐などはミネラルが豊富な上、手間いらずで食べられる優秀な食品なのだそうです。

4.海草類を常備する

同じくミネラルを多く含む食材が、海草類。保存も効くし、サラダ、スープなどさまざまな料理に使えるので、常備しておくと良さそうです。

<食事で摂るのは大変…という方が活用したいミネラルサプリランキング>