HOME >  ミネラル摂取の基礎知識 >  どうして足りない?

どうして足りない?

ここでは、ミネラル不足のメカニズムや回避する方法などについて解説しています。

どうしてミネラル不足になるの?

生きていくために欠かせない五大栄養素のひとつ、ミネラル。エネルギー源として体の機能を維持していく重要成分ですが、現代人にとってミネラルは不足しやすい栄養素でもあります。

日本はもともとミネラルの少ない土地柄で、こうした土地から生まれる食物もまたミネラルが少ないのが特徴です。それでも昔は、野菜や魚を食べることで不足したミネラルを補っていました。

一方、現在は欧米風の食生活が一般的になっています。ミネラルを含んだ野菜や芋などを食べることが極端に少なくなり、今までは普段の食生活で補えていたミネラルが不足するようになったのです。

また、以前は一般的な食物にも含まれていたミネラルは、土壌のミネラル不足が原因で減少傾向に。精製された食品が増えるにつれて、更にミネラルが失われ少なくなってしまっています。

ミネラル不足を回避する方法は?

ミネラル不足を避けるためには、普段からミネラルを含んだ素材を食卓に添えるように気をつける必要があります。牛乳や納豆、レバーなどからミネラルを摂取できるように心がけ、野菜を摂る際も煮込み料理にするなどミネラルを逃さないようにする工夫が大切です。

・・・とはいえ、忙しい現代人にとって毎日の料理は想像以上に負担となるもの。

食生活を改善することは大事ですが、慢性的なミネラル不足を解消するひとつの方法としてサプリメントを視野に入れることも効果的です。忙しいときでも手軽に摂取できるので、時間がないという人でもミネラル不足を回避しやすくなります。