HOME >  ミネラル摂取の基礎知識 >  ミネラルってどんな栄養素?

ミネラルってどんな栄養素?

 このぺージでは、ミネラルとはどんな栄養素なのか、その特徴を紹介しています。

五大栄養素のひとつ、ミネラルとは?

ミネラルとは、人間が生きるのに必要な五大栄養素の一つ。エネルギーの元になる「糖質」「脂質」「たんぱく質」に対して、体の機能を維持していく成分が、ミネラルやビタミンにあたるのだそうです。

具体的には、筋肉や神経の働き、エネルギーの代謝などに関わっており、私たちの体には、必要不可欠な成分。そのため、充分な量を摂取すれば、便秘、偏頭痛、不眠症など、さまざまなトラブルの改善に大きな効果が期待できる、というわけです。最近では食品に含まれるミネラルの量自体が減ってきていることもあり、栄養素の中でも、とりわけ大きな注目を集めています。 

ミネラルの代表的な種類

代表的なミネラルとして知られているのは、カルシウムや鉄分など。ですが、実際には何十種類もの成分が存在するのだそうです。中でも必須栄養素と言われる6つの成分と、それぞれの特徴や働きをまとめてみました。

カルシウム

骨を作るのに欠かせない成分。健康な骨や歯を維持する働きや、気持ちを落ち着けてくれる働きもあります。脂肪の吸収を抑えるためにも、必須。

マグネシウム

カルシウムの働きを高めて、丈夫な骨を作り出す成分。筋肉のけいれんを抑える働きもあるので、生理痛、頭痛、神経痛などを鎮静してくれます。

ナトリウム

代謝を促進させる成分。塩に含まれているので、不足することは少ないのですが、逆に摂り過ぎることで、高血圧や生活習慣病につながる可能性もあるので注意。

カリウム

神経や筋肉の機能を正常に保つ成分。体内のミネラルバランスを維持する働きがあります。ナトリウムと一緒に摂ることで、相互効果が生まれます。

鉄分

赤血球の働きを助ける成分。貧血のほとんどの原因は鉄分不足といわれています。集中力や記憶力、病気に対する抵抗力などを高める働きも。

マンガン

糖質、脂質、たんぱく質などの三大栄養素と共にエネルギーを作り出す成分。疲労回復を助けます。

サプリメントでミネラルを摂取するなら

上で挙げた6つの栄養素は、サプリメントを選ぶ際にも注目したい成分です。というのも、ミネラルを効率良く摂取するためには、バランスが大切だと言われています。

例えば、マグネシウムを摂ることでカルシウムの吸収率が高まる、カリウムを摂ることでナトリウムの過剰摂取が防げるなど、ミネラル同士が相互に作用し合いますし、単体では吸収されにくかったりすることも多いそうです。サプリメントでミネラルを摂る際は、成分のバランスにも着目して、選ぶようにしましょう。